野沢温泉スキー場

TOP > 施設 > スキー場周辺施設

FACILITIESスキー場周辺施設

日本スキー博物館

日本スキー博物館
伊勢宮ゲレンデ下に位置する日本スキー博物館は、日本はもとより、世界各地から収集した豊富な資料を収蔵しているスキー専門博物館で、 スキー発祥から今日までの貴重な資料を一堂に展示しています。 スキーの歴史的流れを6つのパートに分け、その代表的なスキー用具や資料と写真パネル年表によって各時代を紹介しています。 日本のスキー史コーナーをはじめ各コーナーを設置。特別展示室では、随時特別展などを開催しています。
開館日 通年営業 / 毎週木曜日休館
(木曜日が祝祭日の場合はその翌日が休館日 但し、12/30〜1/3は営業)
アクセス ・遊ロード日影下車 伊勢宮方向へ徒歩約10分
・ゲレンデから直接アクセス可能
営業時間 9:00~16:00
お問い合わせ 0269-85-3418
入館料
スクロールで全体をご覧いただけます。
区分 通常料金 宿泊者割引券 団体割引 障がい者割引
大人 300円 240円 240円 150円
小中学生 150円 120円 120円 80円
*団体割引きは20名以上の団体に限る
*宿泊者割引券は、各宿泊施設へお問い合わせください。

野沢温泉スキー場 リフト建設のあゆみ

野沢温泉スキー場では昭和25年(1950年)12月、第1リフトを建設しました。
以来70年、延べ80基に及ぶスキーリフトを建設し、日本でも有数なスキー場となりました。
その野沢温泉スキー場リフト建設のあゆみを展示紹介します。
日本には現在500箇所以上のスキー場があるといわれており、リフトはスキー場にはなくてはならないものとなっています。
国内初のスキーリフトは、昭和21年(1946年)、米駐留軍向けに北海道藻岩山、志賀高原丸池に建設されました。
しかし、これらのリフトは進駐軍専用のゲレンデにかけられたもので、一般の人は利用できませんでした。
民間用のスキーリフトは、昭和23年(1948年)草津温泉天狗山ゲレンデに、昭和25年(1950年)に赤倉中央スキー場、池の平スキー場、野沢温泉スキー場にそれぞれ建設されました。
その後全国のスキー場に数多くのロープウェイ、ゴンドラ、リフトが建設されました。
野沢温泉スキー場では、ピーク時30基を超えるリフト、ゴンドラが架設されました。
そして2021シーズン新型のゴンドラリフトが誕生します。
本展では、野沢温泉スキー場の昭和25年(1950年)12月、第1リフト建設以来70年、延べ80基に及ぶスキーリフト建設を振り返ります。

高野辰之記念 おぼろ月夜の館 斑山文庫

開館日 通年営業 / 毎週月曜日休館
(月曜日が祝祭日の場合はその翌日が休館日)
営業時間 9:00~17:00
お問い合わせ 0269-85-3839
入館料
スクロールで全体をご覧いただけます。
区分 通常料金 宿泊者割引券 団体割引 障がい者割引
大人 300円 240円 240円 150円
小中学生 150円 120円 120円 80円
*団体割引きは20名以上の団体に限る
*宿泊者割引券は、各宿泊施設へお問い合わせください。
  • ふるさと納税 長坂ゴンドラ建設応援
  • Snow Monkey Tour
  • ゲレロク GEREROKU
  • ナスキー LINEスタンプ
  • シーズンチケット
  • 北志賀高原&野沢温泉共通シーズン券 BIG2パス
  • 野沢温泉スパリーナ
  • 野沢温泉スキー場 公式Facebook
  • 野沢温泉スキー場 公式twitter
  • 日帰り温泉施設スパリーナ 公式Facebook